まるき
こんにちは。まるき(@maruki_home)です。

ポン活とは、ポンタポイントやdポイントを使って、お得に商品をゲットできる「ポンタ活動」のことです。

Pontaポイントやdポイントは、ローソンアプリや「Loppi(ロッピー)」という機械を使って、お試し引換券や値引券と交換できます。

このお試し引換券や値引券を使えば、新商品やローソンおすすめの商品を、なんと定価の30~50%引きの価格で購入出来ちゃうんです。

この記事では、気になるポン活のやり方や注意点、さらにお得にポン活ができるポイントをご紹介します。

ポン活の概要

ローソンで使えるポイントは全部で2種類です。

  • Pontaポイント
  • dポイント(NTTドコモ)

これらのポイントは、ポン活で引換券と交換するだけではなく、1ポイント1円としてレジでの支払いにも使えます。

なお、Loppiでポン活をする場合はアプリやデジタルではなく、現物のポイントカードが必要になるので注意してください。

必要なもの Pontaポイントカード/dポイントカード
商品更新日 毎週火・金曜日
発券開始時間 午前7時~/午後5時~
発券上限 1商品につき1日2枚まで
発券商品上限 なし
発券終了の条件 ・発券上限に達する

・発券開始から3週間が経過する

割引券の有効期限 発券から30分

(30分経過後は自動的にキャンセルになりポイントバック)

利用可能店舗 ローソン(発券した店舗のみ)

まるき
私はマクドナルドでdポイントカードを無料でGETしてきたよ!

お試し引換券の対象になる商品例

ポン活でもらえる主な商品はこちらです。

  • お菓子類
  • パン
  • インスタント食品
  • アイス・スイーツ
  • 飲料
  • 日用品
  • お酒

基本的には、普段からローソンで販売されている商品が対象となります。

またローソンがプッシュしたい商品や、新発売の商品も引換券の対象になりやすいです。

スポンサーリンク

ポン活のやり方【お試し引換券の発券方法】

1.ローソンに行き「Loppi」を操作する

Loppiは、この赤い機械です。

2.トップ画面の「ポイント会員メニュー」を開く

トップ画面に表示されているポイント会員メニューをタッチします。

続いて、dポイントカード・Pontaカードのうち、使用するカードをスキャンします。

ポイントカードをカードリーダーにスキャンするだけでも会員メニューは表示されます。

3.ポイント会員メニューを操作する

ポイント会員メニューが表示されたら、「クーポンを発券する」枠内にある「一覧から発券する」をタッチします。

4.発券したい商品を探す

発券したい商品ジャンルをタッチするか、「全商品」をタッチして商品一覧を表示します。

引換券・値引き券の対象商品一覧が表示されるので、欲しい商品をタッチします。

5.商品詳細を確認し、「確定」

選んだ商品の詳細が表示されるので、内容を確認して、「確定する」をタッチします。

続いて「お申込み内容」として、発券する為に必要なポイント数と、利用後のポイント残高が表示されます。

問題なければ「確定する」をタッチします。

 

6.引換券受け取り

Loppi本体からレシート状の引換券が印刷されるので受け取ります。

次に同じ券を発行したい場合は「同じ券を発行する」、他の引換券を発券したい場合は「他の券を探す」、このまま終了する場合は「終了する」ボタンをタッチします。

お試し引換券は、1回の操作で最大5枚まで発券できます。

5枚目を発券したらLoppiはトップ画面に戻ってしまうので、更に発見したい場合は、もう一度Loppiトップ画面から操作しましょう。
また、お酒は1枚ずつしか発券できません。

お酒以外にも発券したい商品がある場合は、お酒を5枚目にして発券すると効率がいですよ!

 

7.引換券と商品を一緒にレジに持って行く

最後に引換券と商品を一緒にレジに持って行きましょう。

お試し引換券の利用でもポイントが貯まるので、レジでカードを出すのを忘れないようにしましょう。

より効率の良いポン活のやり方

対象商品は事前にチェックする

お試し引換券ので交換できる商品は、

  • ローソンで配布されている「月刊ローソン」
  • ローソン公式サイト
  • ローソンアプリ

で確認できます。

あらかじめ商品をチェックすすることで、ポイントの無駄使いを防げます。

ローソンID対象商品を狙う

ローソンのサービスである「ローソンID」を使用すれば、よりお得な「ローソンID限定」のお試し引換券を発券できます。

 

引換券は、通常ポイント分と別にローソンIDで発券できます。

つまり、同じ商品をPontaポイントカードと、ローソンID合わせて4枚まで発券することができます。

ポイントカードは複数使いする

1商品あたりの発券上限は1日2枚までですが、これはカード1枚あたりの発券上限です。

つまり、Pontaポイントカードとdポイントカードを1枚ずつ持っていれば、各カードで2枚ずつ、計4枚の引換券を発券可能です。

さらにローソンID対象商品であれば、Pontaポイントカード・dポイントカードと、最大で6枚の発券可能です。

利用開始時間をチェックする

お試し引換券・割引券の発券開始は朝の7:00です。

ただし、ローソンID限定引換券や、お酒・日用品などの人気商品は夕方17:00の発券です。

ローソンID限定引換券は、発券枚数も少なく、発券開始の時間はローソンやLoppiが混雑する場合があるので、早めに店舗に行って準備しておきましょう。

ローソンアプリでもっとお得に

ローソンアプリを使えば、現在のポイント数の確認や、引換券対象商品一覧のチェック、引換券の予約ができます。

外出先でアプリをチェックして、帰り道でポン活をするのも良いですね。


Google Play で手に入れよう

登録方法

ローソンアプリに登録するために、Pontaカード・dカードを用意してから始めてください。

  1. まずはローソンアプリをダウンロードします
  2. アプリを開くと利用規約が表示されます。内容を確認し「ログイン画面に進む」をタップします
  3. ローソンIDを入力します。ローソンIDが無い場合は、ここで新規登録することも可能です
  4. 電話番号や生年月日といったアカウント情報を登録します。入力したら「次へ」をタップします
  5. Pontaカード・dカードの情報を入力し、連携させます
  6. これで登録完了です

「レジ直クーポン」でお試し引換券が予約できる

ローソンアプリの機能「レジ直クーポン」では、スマホでお試し引換券を予約できます。

「レジ直クーポン」で予約した引換券は、発券の必要がなく、スマホを商品と一緒にレジに持って行くだけで交換できます。

アプリでお試し引換券対象商品一覧を見ると必要ポイント数の背景がオレンジ色になっている商品があります。これが「レジ直クーポン」対象商品です。

背景が青色の「Loppi限定」商品は予約できないので注意しましょう。

また、予約した引換券は、24時間以内に交換しましょう。24時間を過ぎてしまうと、自動的に無効・キャンセルになります。

 

予約できる枚数は1カードあたり2枚までです。

なので、ローソンアプリにPontaカードとdポイントカードの両方を連携させておくと、同じ引換券を各カード2枚、つまり最大4個まで予約することができます。

ポン活の注意点

発券から30分以内に交換しないと無効になる

引換券は、発券から30分以上経過すると、自動的にキャンセルされ、無効になってしまいます。

キャンセルになってしまっても、ポイントは戻ってくるので心配ありませんが、せっかく手続きをしたのに無効になってしまってはもったいないので、他の買い物がある場合はあらかじめ済ませ、発券後すぐにレジに向かえる状態を作っておきましょう。

発券前に商品をチェック

Loppiで発券手続きを始める前に、あらかじめ商品をかごに入れておきましょう。

というのも、引換券対象商品も、全ての店舗で扱いがあるわけではありません。また、売切れの可能性もあります。

万が一店舗にない商品を発券してしまっても、交換しなければ30分後には自動的にキャンセルされるのでポイントは無くなりません。

ポイントの集め方

Pontaポイントカードやdポイントカードは、ローソンで無料で作れますが、「ポン活」をするためには、当然ポイントを貯める必要があります。

ここでは、それぞれのカードのポイントの貯め方を紹介します。

dポイント

『dポイント』とは、NTTドコモが提供しているポイントプログラムで、ドコモユーザー以外でも利用できます。

主な貯め方として

  • dポイント加盟店で提示する(ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシ等)
  • dカードを使う
  • ドコモの携帯端末を使う
  • dマーケットを利用する(dTV、dショッピング等)

等があります。

 

dカードとは、NTTドコモのクレジットカードです。

さらにdポイントを貯めやすい「dカード GOLD」もあります。

Pontaポイント

Pontaポイントを貯める主な方法はこちらです。

  • Pontaポイント加盟店で提示する(ローソン、高島屋、ホットペッパーグルメ等)
  • Pontaカードを連携した楽天Edyで支払いをする
  • クレジット機能付きPontaカードで支払いをする

ポイントサイトで貯める

Pontaポイントやdポイントは、店舗で利用する以外にも、ポイントサイトを利用した「ポイ活」でポイントを貯めることができます。

ポイントサイトで貯めたポイントを直接Pontaポイントやdポイントに交換できない場合も、間に他のポイントサイトを経由することで、お交換可能です。

おすすめの記事